環境科学科

環境科学科

環境科学科より
化学の力で環境問題に挑む!
 
 環境問題の解決には、まず環境をきちんと測定することが大切です。そのためには、化学的な分析がとても重要です。環境科学科は、そうした力をしっかりと身につけてもらうことを目標にしています。本学科で身につけた基本的な技術や分析に関わる考え方は、将来、環境に関する仕事や、化学関係、食品関係などいろいろな職業の土台になってくれるでしょう。
 

 求める生徒像は「地球環境を学びたい人」

 

1 カリキュラム

 

2 専門の授業科目

●課題研究
4~5人でグループを作り、1つのテーマを決めて、それを1年間研究します。
●工業技術基礎
石けんや消しゴムの製作、微生物の培養など、ものづくりを通して化 学への興味をより深めます。
●環境科学実習
1年生では定性分析・定量分析など化学実験の基本操作、2~3年生では、高度な測定機器の使用方法や、環境測定の基本などを学びます。
●環境化学
化学の分野を中心にして環境を学ぶことを通し、化学の力を伸ばし、環境問題を考えます。
●情報技術基礎
情報系資格取得に必要となるコンピュータの基本操作とソフトウェアについて学びます。
●工業数理基礎
社会や身のまわりに起こる事柄を、数学・物理・化学で学んだ基礎知識をもとにして読み取ります。
●地球環境化学
地球規模で深刻化している環境問題を認識し、自然環境に関する基礎的な知識を化学的に学びます。
●環境生物学
植物やヒト、微生物など、環境に関わる生物分野について幅広く学びます。 
●環境分析
1~2年生で学んだ生物・化学を基礎とし、現在の環境状況を把握し、守るための分析技術を学びます。
●生活環境学
人の暮らしや、身近な生活環境に関する知識を学び、安全な暮らし方や、地球社会の環境改善について学びます。

排水処理実験

電子顕微鏡

        緩衝溶液実験

 

 

 

  

 

 3 取得できる資格

授業範囲で取得できる資格
 ●国家資格 危険物取扱者(乙種4類)
 ●国家資格 化学分析技能士(3級)
 ●計算技術検定
 ●日本語ワープロ検定
 ●情報処理技能検定
補習授業等で取得できる資格
 ●国家資格 危険物取扱者(甲種・乙種)
 ●国家資格 公害防止管理者
 ●国家資格 電気工事士(第二種)
 ●国家資格 知的財産管理技能士(3級)
 ●国家資格 陸上特殊無線技士(1級)

ブログ

環境科学

WINCOM2023 動画が公開されました

2023年11月12日に行われた風力発電コンペWINCOM2023(日本大学生産工学部主催)の動画が公開されました。

久喜工業高校環境科学科は、優秀賞を受賞したのでインタビューなども収録されています。

環境科学科は第10回WINCOM2017から連続して出場し、毎回受賞しています。

環境科学科 課題研究発表会

 1月18日(木)に3年生による課題研究発表会を行いました。

1年間を掛けて、計画、実験、試行錯誤。ときには課題が現れ、他分野の新たな学習をしながら課題解決に奔走しました。

どこか緊張をのぞかせながらも、思いを乗せた成果発表がなされました。

また、他の発表について、互いの大変さや楽しさを理解しているように真剣に聴き入っていました。

 

インスタグラム始めました

もうご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、環境科学科のインスタグラムを始めました。あまり更新は早くありませんが、実験実習や課題研究などの写真や動画をアップします。よろしければ、ご覧ください。

鷲宮西中学校で出前授業を行いました!

 11月15日(水)に久喜市立鷲宮西中学校において、久喜工業高校環境科学科の出前授業が行われました。当日は5限目と6限目にそれぞれ10名ずつが調理室で『色変化する液体の実験』を体験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 酸化したインジゴカルミンをブドウ糖が還元するときに色が変化する様子を観察ました。容器を振ったときや、時間の経過とともに色が変化するたびに歓声や驚きの声が上がっていました。また、温めた場合は色の変化が速くなりことで、温度とともに反応速度が変化することなども体験しました。

  ←色の変化の様子です。

WINCOM2023 優秀賞受賞!

 令和5年11月12日(日)に日本大学生産工学部(千葉県)で行われた風力発電コンペに、環境科学科3年の課題研究班3名が参加しました。垂直軸部門に出場した「久喜風車7号」が優秀賞(垂直軸型風車で最高発電量)に輝きました。コロナ禍での中止やオンライン開催を除いて、初出場から5回連続の優秀賞受賞となりました。

 今年度は前年度までの記録を参考に、4月から製作を開始しました。夏休み中も登校して製作しましたが、改良と失敗を繰り返し本番の3日前に何とか完成させることができました。

 風力発電コンペは、「ものづくり」の素養とデザイン・アイデアに富んだ環境エネルギー機器の性能を競う大会です。規定に沿った風力発電機を各校で製作して大会に持ち込み、電力量を競います。

『久喜風車7号』 競技中の様子  表彰式の様子

   『久喜風車7号』          競技中の様子             表彰式

令和5年度 技能検定 化学分析作業3級 6名合格しました。

 

 

  7月9日(日)に技能検定の「化学分析作業」学科試験が県民活動センターで、7月30日(日)に本校で、

 実技試験が実施され、環境科学科の生徒が6名合格しました。

 実技試験は、定性分析と定量分析の2種類を受けます。

 「定性分析」とは試料溶液中に含まれる金属イオンを、試薬を用いて検出するというものです。

 「定量分析」とは試料溶液中に溶けている物質の量を、中和滴定法により求めるというものです。

 学科・実技ともに合格しなければ、取得できない国家資格です。合格者の皆さん、おめでとうございます‼

 

  

  

 

 

 

「大学生と考える高校生環境ワークショップ」成果発表会

 9月2日(土) 14時よりモラージュ菖蒲3階モラージュホールで「大学生と考える高校生環境ワークショップ」成果発表会が開催されました。

 今夏、6月10日(土)に引き続き、久喜市環境課、埼玉県環境科学国際センター研究推進室副室長の三輪先生、日本大学理工学部まちづくり工学科の田島先生と学生主導のもと、本校3年生5名と近隣の高校生が、桜並木外来種問題の現状調査を複数回実施しておりました。現地での調査に加え、アプリを駆使して被害地点の共有や情報交換など、創意工夫の見られた活動報告がなされました。

久喜市長 挨拶日本大学理工学部助教の概要説明

 久喜市長 挨拶                    日本大学理工学部助教の概要説明

高校生によるワークショップ発表ワークショップ記念撮影

 高校生によるワークショップ発表            ワークショップ記念撮影

「ものづくりコンテスト化学分析部門」で優勝・準優勝

6月24日(土)

 ものづくりコンテスト化学分析部門が、埼玉県立川越工業高校で開催されました。

 久喜工業高校 環境科学科3年生2名が出場し、優勝、準優勝という大きな結果を残してくれました。生徒本人の努力と、指導してくださった教諭によって勝ち取ることができました。

 ありがとうございました。

 8月に開催される関東大会に、2名とも出場となります。良い結果が残せるよう我々も努力していきます。

 

「大学生と考える高校生環境ワークショップ」に参加してきました

6月10日(土)

 久喜市環境課主催の「大学生と考える高校生環境ワークショップ」に3年生の有志5名が参加しました。

 日本大学理工学部まちづくり工学科の田島先生、埼玉県環境科学国際センター研究推進室副室長の三輪先生の講義を受けました。その後、2つの班に分かれ、大学生や他校の高校生とともに学ぶことで深い学びや考えにつなげるという、非常に有意義なワークショップとなりました。

 久喜市だけではなく全国の桜並木を脅かす外来種問題に衝撃を受けました。

 これからの高校生の活動に期待したいと思います。

講義とグループ活動

フォトアルバム

埼玉県工業教育研究会化学系部会生徒講習会

写真:4枚 更新:2023/04/13 環境科学科

令和4年12月28日(水)本校において埼玉県工業教育研究会化学系部会生徒講習会が開催されました。「リサイクル入門」として、パソコン部品から金を回収する実験を行いました。また、ペットボトルの蓋のリサイクルについても説明し、久喜工文化祭マスコット「くこぽん」がお土産に配られました。リサイクルの基本的な技術を体験して、資源のリサイクルについて考えるきっかけになったと思います。