工業化学科
工業化学科
工業化学科より
”化学するこころ”、”表現する力”を育てます。
 
身のまわりには石油製品や薬品、セメントなどの化学製品にあふれています。工業化学科では総合的な化学に関する知識と技術を、座学・実習を通して身に付けることができます。久喜市周辺に化学系の企業も多く、化学技術者として安全に化学反応を行うために必要な技能を学びます。興味関心はもとより、現場で大切な挨拶やコミュニケーション力、マナーを身に着け、仕事に誇りを持ち働くことのできる明るく元気な人材を育てます。化学系大学への進学にも力を入れています。


 求める生徒像は「実験が好きで理科に興味がある人」

  

1 カリキュラム

  

2 専門の授業科目

●課題研究
自ら興味のあるテーマを、1年間通して研究や実験、制作に取り組みます。
●工業技術基礎
工業全体の基礎的な技術や知識について、実務計算、演習を通じて学びます。
●工業化学実習
化学技術・技能をテーマごとに身に着けてゆきます。少人数の班によるきめ細やかな授業です。
●工業数理基礎
工業で必要なSI 基本単位や組み立て単位や基礎的な数値処理、計算方法や数理について学びます。
●情報技術基礎
技術者として必要な情報処理の分野について学びます。ワープロ・表計算ソフトを用いて技術を磨きます。
●工業化学
工業化学についての技術や理論、化学反応式などの知識を全般的に広く学ぶ、本学科の基幹講座です。
●セラミック化学
セメントやガラス、ソーダ工業から最先端の半導体、新素材等について学びます。
●化学工学
化学工場での製造工程や操作方法、数理処理について、より専門的に技術と知識を学びます。
●化学安全
化学工業における災害防止に関する基礎的な知識と技術、活用する能力について学びます。
●食品工業化学
食品成分や栄養、バイオテクノロジーなどの先端食品工業技術に関する基礎的な知識と技術について学びます。

化学めっき

 旋光度測定

 

 

 

 

 

  新型ガスクロマトグラフィー 産業教育フェア 七宝焼きアクセサリーの製作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 取得できる資格

認定資格 卒業と同時に無試験で認定される資格
 ●毒物劇物取扱責任者(国家資格
  硫酸やトルエンなど有毒・有害物質を安全に取り扱うために必要な資格。産業界からのニーズが高い有望な資格。
  久喜工業高等学校工業化学科は、「厚生労働省令で定める学校(指定教育機関)」に該当します。
  工業化学に関する教科を30単位以上修得し卒業すると無試験で、毒物劇物取扱責任者の有資格者として認定されます。

補習等で工業化学科が支援している資格
 ●危険物取扱者(甲種・乙種全類、国家資格
  ガソリンやニトロ化合物など引火・爆発の危険のある物を安全に取り扱うために必要な資格。
  保安監督者として化学工場やガソリンスタンドで活躍できる資格。
 ●化学分析技能士(3級、国家資格
  化学系の研究開発職や工場の品質検査技師として必要な資格。
  実技と筆答の技能検定試験に合格すると「技能士」となる。

授業の内容で取得可能な資格・検定 ☆部活動との両立可能‼ 
 ●計算技術検定(全員受検・1 年生)
 ●ワープロ検定(全員受検・1 年生)
 ●表計算検定 (全員受検・1 年生)
 ●P検     (全員受検・2 年生)
  ICT時代に適応した化学技術者を育てています。

技能講習(春休みや 夏休み等に実施。希望者)
 ●フォークリフト運転技能講習
  無制限。化学工場の大型フォークリフトも取り扱い可能。
 ●特定化学物質等作業主任者技能講習
 ●有機溶剤作業主任者技能講習
 ●酸素欠乏等危険作業特別教育(硫化水素危険作業含む)
 ●ダイオキシン類業務特別教育
 ●ガス溶接技能講習
 ●アーク溶接特別教育講習 など

取得に有利な資格
 ●消防設備士(甲種・乙種全類)
 ●公害防止管理者
 ●火薬類取扱保安責任者及び丙種火薬類製造保安責任者 など

フォトアルバム

令和3年度工業化学科課題研究発表会が行われました

写真:3枚 更新:02/09 工業化学科

 1月25日、1~3時間目に工業化学科課題研究発表会が行われました。3年間の集大成として全員堂々と発表することができました。  「燃料電池の研究」「ペルチェ素子発電の研究」「エコチョークの開発」は現代の課題であるSDGs(環境エネルギー問題)にかかわる研究テーマでした。また、「次亜塩素酸水の実証実験」のようにコロナ禍に新たな知見を得る研究もありました。  その他、ものづくりの研究もあり、「おいしい香りのするアロマキャンドルの製造」は節約生活を送る担任の先生のためにダクト飯をヒントに開発されました。また、「品質管理の研究」はものづくりにおける大切な視点であり、4月から製造現場ではたらく際に役に立つと思います。他には「植物の培養」「七宝焼き」「味噌づくり」「せっけんの研究開発」「卓球ラケットの製造」などに生徒は取り組みました。  工業化学科で学んだ技術や技能を活かし、これからは自信と誇りを持って、明るく元気な社会人として活躍していくことを期待します。

令和3年度 技能者表彰式

写真:1枚 更新:02/09 広報部

 11月26日金曜日午後に、技能検定の成績優秀者を表彰する「第28回 彩の国職業能力開発促進大会 技能者表彰式」が、川越市のウエスタ川越で執り行われました。新型コロナウイルスの影響で、昨年度と今年度をまとめた形で表彰を受けました。  本校では化学検査技能士の工業化学科4名、環境科学科6名、機械検査技能士の機械科7名、合計17名が受賞しました。(修学旅行前であったため表彰式当日は2年生4名が欠席しました)  これからも技能の向上に邁進し続けてください。

埼玉県工業教育研究会生徒研修 エコマグづくり

写真:1枚 更新:02/09 広報部

11月27日土曜日午前に、川越工業高校で行われた、埼玉県工業教育研究会が主催する生徒研修会「エコマグづくり」に本校生徒7名(環境科学科5名・工業化学科2名)が参加しました。ペットボトルキャップと発泡スチロールの皿を加工して廃物利用したマグネットを作りました。参加者は意欲的に取り組み作品をつくることが出来ました。

令和2年度後期 技能検定 化学分析作業3級合格

写真:0枚 更新:02/09 広報部

 令和2年度後期に行われた、国家資格である技能検定試験 化学分析作業の合格者に5月24日放課後、合格証が手渡されました。「技能士」と認められたのは、環境科学科3年生10名、工業化学科3年生4名、同科卒業生1名の合わせて15名です。これからも自信と誇りを持ち、ものづくりを通して社会に貢献できるように技能の向上に邁進してゆきます。

令和2年度 危険物取扱者免許乙種全類合格者表彰

写真:1枚 更新:02/09 広報部

 本校工業化学科3年生の齊藤啓太君と環境科学科3年生の武井直哉君の2名が「危険物取扱者免許乙種全類」の試験に合格し、消防試験研究センター埼玉県支部長より表彰を受けました。(高校生以下の年少者が表彰の対象となっています。)  3月12日の卒業式予行後、校長室にて本校校長の猪野敏夫先生より消防試験研究センターからの表彰状と記念品が手渡されました。  齊藤啓太君は生徒会長として活躍し、4月からは工業薬品・試薬製造大手の関東化学株式会社に就職します。取得した資格を活かして即戦力の技術者としての活躍が期待されています。  武井直哉君は公害防止管理者試験にも合格しており、4月からは日本工業大学基幹工学部応用化学科に進学し、さらに勉学に励み、技術や技能を極めるとのことです。  コロナ禍で危険物の資格を取得するにあたり例年にない困難な条件にもかかわらず、とても良く頑張り、地道な努力が実りました。表彰おめでとうございます!。 ●危険物取扱者免許(乙種全類、国家資格)  ガソリンや灯油など身近な燃料のほか、ニトロ化合物、自然発火物、禁水性物質(水をかけると水素爆発の恐れがある危険物)など引火・爆発の危険のある物を安全に取り扱うために必要な資格です。  危険物は消防法により1類から6類まで6種類あり、全類合格すると、すべての危険物の取り扱いが出来ます。「保安監督者」として化学工場やガソリンスタンドのエキスパートとして活躍できる有望な資格です。リチウムやマグネシウムなど次世代の蓄電池に使われる金属も扱うことができます。

第1期生 瀧澤貴久男先生の講演

写真:1枚 更新:02/09 広報部

 2月19日(金)午後の授業に工業化学科2年1組の生徒を対象とした「未来の職業人材育成事業・講演会」が行われました。講師には、本校第1回卒業生(機械科卒)の瀧澤貴久男先生をお迎えし、「独創的な商品を開発する視点/―ものづくりの心と技―」について御講義をいただきました。  瀧澤先生の技術開発した特殊ステンレス鋼は、現在、私たちが普段利用している日本中の清涼飲料水メーカーや酒類メーカーのプラントの材料として使われており、まさに巨匠というべき先輩です。  久喜工高の生徒時代は「社長になってあこがれの車に乗りたかった」こと、京都大学の学生時代は「宇宙ロケット」など技術開発の原動力となった「夢」について熱く語っていただきました。  ◎ 夢から目標へ、そして努力すること  ◎ 執着と集中が情熱をかきたてること  ◎ 人生の岐路や新製品の開発には「人との出会い」があったこと  ◎ 発想の秘訣は「考え続けること」や「常識にとらわれないこと」  生徒たちは、とても熱心に聞き入り、質疑応答では、「対話のコツ」や「鉄の材料としての魅力」などについて答えていただき、皆感心しました。大変有意義な講演会となりました。 瀧澤貴久男先生プロフィール(本校学校案内より) 工学博士 瀧澤 貴久男(京都大学工学部卒業) 株式会社インテグラル 代表取締役   機械科の第1期生として加須昭和中学校から久喜工業高校に入学。 瀧澤先生は、3年間の本校高校生活後、同級生達が大企業に就職する中、「自分で会社をつくる」という夢の欲しさに町工場に就職し、汗と油にまみれて技術を身につけました。しかし、瀧澤先生自身の考えが変わる人との出会いを経て京都大学に進学。研究室では鉄鋼がもつ魅力に心酔、夢中になった実験から見えてくる未知の世界との遭遇から、「研究開発の醍醐味」を学ばれました。卒業後三洋電機に入社、電気機器用材料開発や電池などの環境エネルギー開発に携わる。中でも世界に先駆けて開発・特許取得した特殊ステンレス鋼は、業界標準規格となり、今でも広く使われている。研究所長として、会社では新製品開発戦略を指揮し、また、大学の客員教授や国・県の専門委員として、人材育成や産業技術基盤の構築などにも携わられました。

令和2年度 工業化学科 課題研究発表会が行われました

写真:0枚 更新:2021/02/10 広報部

 1月26日火曜日、2時間目の午前10時30分より、多目的室で課題研究発表会が行われました。例年は1・2年生も参加しますが、新型コロナウイルス感染症予防のため3年生のみで行われました。  「次亜塩素酸水の製造と性能を評価する」など、コロナ禍を反映した研究のほか、DNAの抽出や植物の試験管培養、プロジェクションマッピング、液体燃料電池など近未来技術は勿論、金属のスズを加工してメモリスタンドや曲がるカゴ、七宝焼きやオイルモーション、蓄光プラスチックを使った時計作りなど材料化学技術を駆使した「ものづくり」を研究課題とした班もあり、多様性のある熱意のこもった研究発表会となりました。  3年間の集大成として全員堂々と発表を成し遂げました。工業化学科で学んだ技術や技能を活かし、これからは自信と誇りを持って、明るく元気な社会人として活躍していくことを期待します。