機械科

 

 

機械科より
ものづくりの本当のおもしろさを機械科で。
 
 わたしたちは便利で快適な「もの」に囲まれて生活しています。機械科では、生活を豊かにする「もの」を作るための 設計→製図→加工→組み立て→検査→保全( メンテナンス)について体系的に学びます。また、3Dプリンタやマシニングセンタなどコンピュータを使った最新の技術も学びます。普段何気なく使っているものを、作り手の目線から見てみませんか?

 求める生徒像は「ものづくりに興味・関心があり、将来機械技術者を目指す人」
 
1 カリキュラム
 
 
2 専門の授業科目
  ●課題研究
3年間学んだ集大成として様々なテーマについて1年間をかけて研究・製作をします。
●工業技術基礎
溶接、鋳造、旋盤を使っての加工を行い、ものづくりの基礎となる知識を幅広く学びます。
●機械実習
工作機械での金属加工やマシニングセンタのプログラミング、3D-CADなどの技術を学びます。
●機械製図
ものづくりにかかせない、設計図面の読み方や描き方のルールを学び、設計図面を作成します。
●情報技術基礎
パソコンの基礎知識と、パソコン利用技術検定やCAD検定に対応する実技操作を学びます。
●機械工作
自動車などの機械に使われる金属、最先端の複合材料の知識と加工方法や工作機械について学びます。
●原動機
水力発電所や自動車のエンジン等動力を生み出す仕組みについて学びます。
●機械設計
機械を設計する際に必要となる力学の基礎と機械を構成する機械部品についての知識を学びます。
●機械応用(学校設定科目)
機械検査技能士、機械保全技能士に必要な知識を学びます。国家資格取得を目指します。
                
●自動車工学
代表的な機械といえる自動車の構造と仕組み、各構成部品に求められる性能などを学びます。
●機械製図
設計図面を正しく読み書きできる能力を磨き、機械製図検定合格を目指します。
●生産システム技術
生活に必要な電気・電子、計測技術・制御技術、生産設備、生産管理の基礎を学びます。
  3DーCAD実習アーク溶接実習旋盤実習
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3 取得できる資格
機械科では1年次から3年次まで、計画的に、授業の延長線上で資格取得・検定合格できるように、カリキュラムを組んでいます。部活動や生徒会活動との両立も心配ありません。
 
授業の中で取得可能な資格・検定 
 ●計算技術検定(全員受検・1 年生)
 ●パソコン利用技術検定(全員受検・1 年生)
 ●CAD検定(全員受検・2 年生)
 ●機械検査技能士(全員受検・2 年生)
 ●機械保全技能士(全員受検・3 年生)
 ●機械加工( 旋盤) 技能士(選択・3 年生)
 ●機械製図検定(選択・3 年生)
 
技能講習( 夏休み等に実施。希望者)
 ●フォークリフト運転技能講習
 ●ガス溶接技能講習
 ●アーク溶接特別教育講習
 ●小規模ボイラ取扱技能講習 など
フォトアルバム
アルバムがありません。