入試情報

令和3年度 入学許可候補者受検番号の掲載

3月8日(月)午前9時から3月11日(木)午後4時まで、

以下のURLに掲載します。

 

http://nr03.spec.ed.jp/

 

   ※ブラウザのお気に入りに発表用URLを追加してください。

   ※当日はアクセスが集中し表示に時間がかかる場合がございます。

    この場合は、時間をあけ、再度アクセスしてください。

入学許可候補者へお知らせ

【入学許可候補者物品販売会】 

 日 時 :令和3年3月23日(火)

 <受付時間>※密を避けるために学科ごとに集合時間が違います。

   ①工業化学科  11:00~

   ②環境科学科  11:30~

   ③機械科    13:30~

   ④情報技術科  14:30~

   ⑤電気科    15:00~

 <場所> 本校 体育館

 <内容>

  ・体操着や実習着等の採寸と販売または申込

  ・各種書類の回収(※詳細は「入学のしおり」を御覧ください。)


【入学式】

 日 時 :令和3年4月8日(木)

 <受付時間> 12:20~13:00

お知らせ

 【本校生徒・保護者の皆さまへ】

更新日2月5日(金)午前10時更新

 埼玉県からの発表された県立高校における感染防止対策にもとづき本校では次のような対応を行います。

 

(1)3学期初期の始業時間の繰り下げおよび短縮授業について

  1月8日(金)~3月7日(日)までの間、SHR開始時刻を9:30に

繰り下げます。また、授業も短縮40分授業といたします。

  ※緊急事態宣言の延長を受け変更となりました。

  ※学年末考査期間における試験時間は50分授業を予定しています。

(2)部活動の原則中止

  12月25日(金)~3月7日(日)まで部活動は原則中止となります。

(※大会等の関係で中止期間が異なる場合もあるので、各部の活動状況

については顧問の先生より詳細が連絡されます。)

(3)飛沫感染防止対策の再徹底

今一度新型コロナウイルス感染症対策の徹底と感染予防の行動をお願いします。

① 健康観察の実施について

 引き続き各御家庭においての健康観察の実施と、体調が万全でない場合には、登校させないようお願いいたします。

 ② マスクの着用の徹底について

 学校で着用するマスクに関しては、昨今のマスク事情により、色や形などの指定はしません。市販のマスクがなければ、手作りマスクなどでご対応願います。できるだけ華美でないものが望ましいです。

 ③ 感染予防のための行動について

 学校では各教室に消毒液の設置や、教室の常時換気、授業後や清掃後の消毒作業を行っています。うがい、手洗い(消毒)の徹底やソーシャルディスタンスなど3密を避けるための行動に御協力をお願いします。また、休業中の各家庭での行動についても、感染予防のための行動をお願いいたします。


※何か不安なことや相談がありましたら、お気軽に学校にお電話ください。

 


【中学生やその保護者の皆さまへ】更新日2月1日(月)午前10時更新

 (1)令和3年度入学者選抜募集要項を公開。 

※詳細はメニューにある【中学生向け】のページを御覧ください。


 

 

最新情報

ニュース

本校第1期生 瀧澤貴久男先生の講演

 2月19日(金)午後の授業に工業化学科2年1組の生徒を対象とした「未来の職業人材育成事業・講演会」が行われました。講師には、本校第1回卒業生(機械科卒)の瀧澤貴久男先生をお迎えし、「独創的な商品を開発する視点/―ものづくりの心と技―」について御講義をいただきました。

 瀧澤先生の技術開発した特殊ステンレス鋼は、現在、私たちが普段利用している日本中の清涼飲料水メーカーや酒類メーカーのプラントの材料として使われており、まさに巨匠というべき先輩です。

 久喜工高の生徒時代は「社長になってあこがれの車に乗りたかった」こと、京都大学の学生時代は「宇宙ロケット」など技術開発の原動力となった「夢」について熱く語っていただきました。

 ◎ 夢から目標へ、そして努力すること

 ◎ 執着と集中が情熱をかきたてること

 ◎ 人生の岐路や新製品の開発には「人との出会い」があったこと

 ◎ 発想の秘訣は「考え続けること」や「常識にとらわれないこと」

 生徒たちは、とても熱心に聞き入り、質疑応答では、「対話のコツ」や「鉄の材料としての魅力」などについて答えていただき、皆感心しました。大変有意義な講演会となりました。

校長先生より瀧澤先生紹介

瀧澤先生講義①

瀧澤先生講義②

瀧澤貴久男先生プロフィール(本校学校案内より)

工学博士 瀧澤 貴久男(京都大学工学部卒業)
株式会社インテグラル 代表取締役

  機械科の第1期生として加須昭和中学校から久喜工業高校に入学。
瀧澤先生は、3年間の本校高校生活後、同級生達が大企業に就職する中、「自分で会社をつくる」という夢の欲しさに町工場に就職し、汗と油にまみれて技術を身につけました。しかし、瀧澤先生自身の考えが変わる人との出会いを経て京都大学に進学。研究室では鉄鋼がもつ魅力に心酔、夢中になった実験から見えてくる未知の世界との遭遇から、「研究開発の醍醐味」を学ばれました。卒業後三洋電機に入社、電気機器用材料開発や電池などの環境エネルギー開発に携わる。中でも世界に先駆けて開発・特許取得した特殊ステンレス鋼は、業界標準規格となり、今でも広く使われている。研究所長として、会社では新製品開発戦略を指揮し、また、大学の客員教授や国・県の専門委員として、人材育成や産業技術基盤の構築などにも携わられました。

埼玉県知事表彰&ジュニアマイスター表彰記念写真撮影会

久喜工は資格取得を応援しています。

たくさんの資格を取得した生徒の努力に対して表彰される2つの制度があります。この2つの制度での表彰者数が2年連続埼玉県1位となりました。今年度はコロナの影響で多くの資格試験が中止となる中、本校生徒の頑張りは賞賛に値します。

 ①埼玉県高校生専門資格等取得表彰により埼玉県知事から表彰される制度

111名
②全国工業高等学校長協会より「ジュニアマイスター」に認定される顕彰制度

51名

北東の空に虹の架け橋

2月15日午後5時過ぎ、久喜工業高校の校庭に雄大な虹の架け橋が架かりました。「やまない雨はありません」コロナ禍で大変な世の中ですが、見上げる空には美しい虹がありました。

虹 R030215

虹 R030215③